食創からのお知らせ

~ 十勝まほろば便り ~30年産米へ向けて「上島孝治さん」の田植始まりました!

一覧へ

2018.05.26

  北海道もGWが過ぎ、すっかり春  らしい季節を過ぎ、いよいよ短い夏へと向かっていく季節となりました。
 そんな中、先週から北海道内の稲作地帯でも、田植がどんどん進んできております 
 
『北海道で一番安心・安全なお米』 を目指している「上島孝治さん」の田んぼにも、田植の季節がやって参りました 

 いつも通り、いつもの場所から眺めて  みました 



 私がお邪魔するタイミングは、どんより曇り  空が多い気が致します 
 申し訳ございません 

 

 よ~く、眺めてみると、1枚の田んぼだけ、色が違うのが見えます  

 もしかして  と思い、猛ダッシュ 



 やっぱり、田植が始まっていました 

 上島さんにうかがうと、この田んぼにあるのは、北海道内だけでなく、全国的なメジャー品種となり、高い食味評価を受ける「ゆめぴりか」でした 

 となっては「ゆめぴりか」はこれからのお中元ギフトなどでもたくさんご用命をいただき、喜んでいただける、北海道、いや!日本を代表する高級ブランド米になりました。
 北海道の稲作農業に多大な貢献をしている品種と言えます




 今年も、美味しいお米となって、皆さんの食卓にお届けになることを、願って止みません 

 これから、どんどんと本格的に田植えが始まっていきます。
 その登場を待っている「上島さんのこだわりの苗」はというと、



 ハウスの中で、出番を今か、今かと待っているように見えます 

 ここ数年、何度も見させていただいておりますが、本当に圧巻の景色です し、いよいよ始まる  んだ  と、ワクワクする気持ちにさせて頂ける景色です 



 この青々と、力強い苗が、秋には黄金色の実を付けるわけですので、大地の恵みの有難さと尊さを感じざるを得ません 



 苗の長さは、約12~15㎝程度に伸びていました 

 
今年は、日中の温度があったため、順調にいっている  とのことでしたが、これからの天気次第なので、まだまだこれから であることに間違いはありません。
 しかし、苗の段階でしっかりと根が育たなくては、田んぼから栄養を吸い上げることは出来ませんので、まずはスタートは期待でそうです 


 上島さんにお話を伺いました 



 週末から本格的な田植えが、この深川地区でも始まりますが、ゆっくり天気や苗と相談しながら、やっていきます。
 毎年喜んでいただけているお客様がいらっしゃるので、その期待に今年も応えられるように、頑張りますよ 


 と、いつも通りの優しい笑顔でおっしゃていただきました

 本当に、ありがとうございます。

 また、今年からは、息子さんが上島さんの後を継ぐべく、地元に戻って来られたそうです
 私たちはまだお会いできておりませんが、「これから色々と教えることが多いので、大変だとおっしゃっていましたが、どこか嬉しそう  にも見えました。

 私たちも、上島さんの「北海道で一番安心・安全なお米をつくる」という夢を一緒に追いかけさせていただければと思っております。

上部へ