食創からのお知らせ

事業紹介 「第93回大谷祭 Supported By Shokusou」 IN 大谷高等学校

戻る

2016.07.09

 「第93回大谷祭 Supported By Shokusou」 IN 大谷高等学校

が、平成28年7月7日(木)~9日(土)の3日間開催されました。

その中の、7月8日(金)

『 同時におにぎりを作った最多人数!』のギネス世界記録を目指し、大谷高等学校生徒会執行部を中心に、全校生徒と先生や父母の方たち、総勢849名が挑戦致しました。

 生徒会執行部の皆さんは、生徒会長「河岸 修登 くん」を中心に、全校生徒で一つのことを成し遂げたい!」という強い思いを持って今回のギネス世界記録の達成を企画されました。

 その強い思いに、当社も全面的に協力をさせて頂くべく、炊飯米を約200㎏、おにぎりの具材となる「梅干」を880個、協賛をさせていただきました。

 その結果、今回のご縁となり、『 今が世界一になるときだ!』を合言葉のもと、世界一への挑戦が始まったのです 




 天候は、久しぶりの「十勝晴れ  」

『 ギネス世界記録達成 』への準備は整った  

 7月8日(金)14時  生徒たちが会場  へ入場を開始 

 そこは、『 ギネス世界記録達成への入口 』  




 
会場へ、100人、また100人と生徒が集まってきます。

 緊張でいっぱいの会場かと思いきや、みんなの思いは「ただ1つ」





 いざ  決戦の時  


 生徒会長の「河岸修登くん」とギネス責任者「泉昌江さん」が進行を開始 



生徒たちも、ギネス世界記録達成へ懸命におにぎりを握ります





ギネス世界記録達成のための【 審査基準 】は、

① 制限時間5分間以内に、おにぎりを握り、お皿の上に置くこと!

② ラップを使用し、決められた以外の握り方をしないこと!

③ 他の人のおにぎりを握るのを手伝ってはいけない!教えてもいけない!

④ 具材の梅干が、おにぎりからはみ出してはいけない!

 などなど、複数の条件をクリアーしなくてはなりません。


まもなく終了という緊張感の中、




 終了 


いよいよ、審査が始まります 

全校生徒と先生達、父母の方たちが握った849個のおにぎりは、審査員の方たちが、1個ずつ確認されました。


その後、審査員により、挑戦結果の集計が始まります 




 緊張の生徒会長とギネス責任者の 河岸くんと、泉さん 






全校生徒の皆さんも、さすがに緊張 




いよいよ、結果発表の時!

いよいよ、「世界一になれるとき」が来ます 



生徒や保護者ら849名が心を一つにして、握ったおにぎりは、

結果、845人が条件をクリアして、


   ギネス世界記録達成 




ギネス世界記録のアナウンスが会場に流れると、生徒たちからは大きな歓声が沸き上がりました。

当初、生徒会執行部の皆さんが目指した
全校生徒で一つのことを成し遂げたい!」が達成された瞬間でした 

生徒会長も嬉しそうに、「無事に終わってほっとしています。みんなで思いを1つに出来たという点では成功だったと思います」と、おにぎりを持ちながら、おっしゃっていました。



生徒会執行部の他のメンバーにも、やっと笑顔が 





当社社長の竹森と帯広大谷高等学校の大西校長先生も、ギネス世界記録達成を喜び合いました 




みんなで心を一つにして作ったおにぎりは、その後の全校焼肉で完食をしていただきました 








上部へ