食創からのお知らせ

事業紹介 十勝毎日新聞社様から竹森社長が取材をいただきました!

戻る

2018.12.08

 この度、弊社と致しまして、12月4日(火)から発売を開始させていただきました「30年産幕別町産ななつぼし2㎏」について、12月1日(土)に十勝毎日新聞社様に取材をいただきました

 対応させていただいたのは、もちろん、竹森社長 です。



 具体的に取材を頂いた内容は、今後掲載される十勝毎日新聞でご確認いただければと思います。



 それでも、当社ホームページにこれまで掲載させていただいた内容で、ご報告させていただきます。

 稲刈り体験ツアーの実施は出来ませんでしたが、内野さんの田んぼの稲刈りは10月13日(土)~14日(日)の2日間で無事に終了致しました。

 その収穫数量は、当社仕入数量で30㎏の玄米袋で148袋 

 重量で、4,440㎏ になりました。

 この間、幕別町の学校給食でも幕別米はご利用いただきました



 心配された収量も、内野さんの幕別米は思ったほどの影響を受けていなかったようで、まずまずとのことでしたし、品質も心配したようなこともないようです。

 皆さんの応援と内野さんの生産努力のお蔭です 

 新聞掲載の日時については、確認出来ておりませんが、今月4日(火)から十勝管内にて「幕別産ななつぼし2㎏」は、随時販売を開始させていただいております。

 是非、お買い求めいただき、引き続きの「幕別米」への応援をいただければ幸いです。


 お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、掲載写真の竹森社長の後ろの広告があります(ワザとらしいでしょうか (笑))



 当社としてこの度、平成30年6月21日をもって、精米HACCPを取得 させていただきました。

 食べることで自然に笑顔がこぼれたり、毎日健康で元気に生活が出来たり。
 しあわせと栄養がたっぷりな食事の、主食を扱う企業として、おいしさだけでなく、誰もが安心して食べられるお米を届けたい。
 その想いから精米HACCPの取得を始め、徹底的に工場全体を見直すことで、6月21日に認定をいただきました。

 
 これからは「べんりさ」「たのしさ」「おいしさ」「ゆたかさ」を軸に、食の新しい価値を創造し、これまで以上の安心と共にお届けさせていただきます。


 今後とも、弊社商品へのご支援、ご愛顧を賜れれば、幸いですので、何卒宜しくお願い申し上げます。

上部へ