商品ニュース&キャンペーン

お米 ~ 十勝まほろば便り ~「JA共和産ななつぼし」のご紹介

戻る

2016.09.20

 北海道の札幌市よりも、まだ西 ! 小樽市よりももう少し西に位置する「共和町」をご存知でしょうか?

【 十勝まほろば 】でご案内している「JAきょうわ」はニセコ山系北部の平野部に位置しています。

ワイスホルンのふもと、堀株川とその支流域にのどかな田園地帯が広がっています。温暖な気候と肥沃な土地、そして豊かな水に恵まれた、道内でも指折りの良質米の産地です。
また、JAきょうわのエリアは歴史ある米どころとしても知られ、徳川幕府が北海道開拓の拠点として開設した「御手作場(おてさくば)」が現在も集落名として残っており、共和町の水稲品種比較試験圃場も設置されています。

らいでんスイカやらいでんメロンと言った農産物で有名な共和町ではありますが、冬は豪雪、夏は温暖な気候でおいしい米ができる最高の条件が整っていることから、北海道の地域評価はA~Dの4ランクに分かれ、Aランクの地域は179市町村のうち20市町のみで、その中のひとつが「共和町」です。

その共和町の田んぼは、現在(H28.9.15現在)どのようになっているのでしょうか?



見事な、黄金色になっております。
まさに、実りの秋  という感じになっております。


奥に見える建物は、何でしょう??



さすが、スイカの一大産地 「共和町」です 

スイカも美味しそうですが、もう一度「田んぼ」目  を戻します 



もう少し、近づいてみました  




今にも刈取りが出来そうな感じです 

この段階から、「美味しそう」にも見えます 


共和町の一部では、もうすでに刈取りがスタートしています。


もう少しで、【 十勝まほろば  】でも、新米の取り扱いを開始できそうです。

是非、明るい食卓に「美味しい共和産ななつぼし」をご賞味ください。



 http://store.shopping.yahoo.co.jp/tokachi-mahoroba/









上部へ