商品ニュース&キャンペーン

お米 ~ 十勝まほろば便り ~ 「上島孝治さん」の圃場は、順調に生育が進んでいました!

戻る

2016.08.23

  『北海道で一番安心・安全なお米』 を目指している「上島孝治さん」の田んぼは、相変わらずの、日照不足  が続いていますが、生育は順調のようです。

撮影をさせて頂いたのは、8月19日(金)。

この日も、やはり   模様 



「特別栽培米ゆめぴりか」の田んぼも、まだ、青々としております !



平年よりも、2~4日程度遅れている生育状況ではありますが、茎数は平年並みに確保できていることから、収量については心配しておらず、品質面についても、長年の経験から、一切心配していない  と、上島さんは自信満々でおっしゃっておりました。



さすが、お米作りのプロ  です。

先月お邪魔した際にも確認出来た「お米の花」も、また確認することができました。



撮影したのが、朝8時だったため、朝露が・・・・ 

開花期間が短いお米の花をこんなに確認できるなんて、今年はいいことがあるかも  知れません 。



ここで、 クイズ 

 北海道もお盆を過ぎると、秋風が吹き始め、少しずつ涼しくなると言われます。
秋の訪れを感じる季節になります。



では、



秋の訪れを告げる虫のと言えば  ・・・  









そう   トンボ ですが ・・・・



では、




トンボ はどこにいるでしょうか ?




見つけれましたか ?

見つけたあなたも、今年はいいことがあるかも 



再び、クイズ 



上島さんの田んぼ全体を見ると、手前の田んぼの緑色が濃くなっていることに気づきませんか?



さて、 問題です 


 なぜ、ここだけ緑色が濃いのでしょうか 

これは、超難問です 

ご存知のあなたは、お米のプロ  かも知れません。



正解は ・・・・・・




日本の稲作の歴史が始まった昔からのお米、古代米の一種である、きたのむらさき(黒米)の田んぼです。


これも、上島さんこだわりの「有機栽培米」です

スプーン1杯を入れて炊くだけで、鮮やかな小豆色に炊き上がります 

少し難しかったでしょうか??


【 きたのむらさき(黒米) 】は、その名の通り、【 真っ黒いお米 】 です。

当然、稲穂から黒い 

黒米は、脂肪の燃焼をはじめ美肌美髪を支える効果や、視力を回復させてくれる効果まである、と言われております。

それではさっそくそんな黒米の栄養効果を、白米との比較から順番に見ていきましょう。


白米と黒米の栄養比較表

栄養成分

白米

黒米

エネルギー356kcal346kcal
タンパク質6.1g9.1mg
食物繊維0.5g3.2mg
ナトリウム1.0mg1.5mg
リン94mg336mg
ビタミンB10.08mg0.44mg
ビタミンB20.02mg0.09mg
鉄分0.8mg0.92mg
ナイアシン1.2mg10.2mg
カルシウム5.0mg11.4mg
カリウム88mg290mg
アントシアニン0mg0.23mg


ご覧の通り、黒米は白米に比べて豊富な栄養を含んでいることが確認できます。

例えば、タンパク質は約1.5倍ビタミンB1は約5倍ビタミンB2は約4倍ナイアシンは約9倍カルシウムは約2倍食物繊維は約6倍とその差は圧倒的です。

また、視力の回復に良いとされ抗酸化作用もあるアントシアニンが含まれている点も、見逃せません。


まず、注目したいのが、黒米に含まれるビタミンB群です。

ビタミンB1は、白米などの炭水化物に多く含まれる「糖質」の代謝を促し、エネルギーに変えてくれる働きを持っています。

糖質の摂りすぎは肥満のもと  と、言われます。

ダイエットを成功に導くためにも、糖質の摂取量には気を使っていく必要があります。

ですから、糖質を代謝ビタミンB1はダイエットはもちろん、普段からの肥満防止にも活躍してくれる大切な栄養ということですね。


また、黒米に含まれる代表的なビタミン、ビタミンB2もダイエットには有効です。


ビタミンB2はビタミンB1 と同じく、代謝を促進してくれる働きを持っている栄養素と言われます。

しかもこのビタミンB2は、ビタミンB1の糖質の代謝に加えて脂質の代謝、つまりは脂肪燃焼に高い効果を持っているんです。

 

肥満の防止と脂肪の燃焼、黒米に含まれるビタミンB群はこの2つの効果によって、ダイエットを支えてくれる  というわけです。


糖質の取りすぎに注意しながら、バランスの良い、規則正しい食生活が一番重要ですが、
その中に「黒米」を取り入れてみてはいかがでしょうか?


次は、「ナイアシン」です 


ナイアシンは、いわゆる体脂肪である中性脂肪や健康を害する可能性がある、コレステロールの代謝に高い効果を持っていると言われ、今も注目されている栄養素です。


コレステロールの値が高すぎると重大な健康被害をもたらす動脈硬化になる恐れも出てきます。

ですからナイアシンを豊富に含む黒米を食べることは、ダイエットに加え健康管理の意味でも有効と言えるのではないでしょうか 



最後に、「アントシアニン」です。


アントシアニンというのは、いわゆるポリフェノールの一種でブルーベリーなどに多く含まれることで、良く知られる栄養素です。

主な効果としては【 目に効く効果 】が良く知られていますが、これに加えて体の新陳代謝を高める効果 があると言われます。

この効果によって、新しく健康的なお肌を作る肌のターンオーバーが促進され、ニキビなどの肌荒れや毛穴の開き、黒ずみなどを防ぐ効果が期待できるのです。

またこのような美肌効果だけでなく、黒米は美髪を作る効果も持ちます。

これは、黒米には髪の健康に必要なビタミン類、鉄分、カルシウム、マグネシウムや亜鉛といった栄養分が多く含まれているため、これらの栄養を十分に摂取することで髪を若々しく、つややかに保つ事が出来る   と言われております。




興味のある方は、是非当社までお問い合わせ下さい。



では、有機栽培米ゆめぴりかの田んぼを見てみましょう 




田んぼに、青いものが見えます  




これは、「みずあおい」という雑草になります。

除草剤を一切使用しない「有機栽培米」であるが故に、手で取りきれなかった雑草が、花を咲かせたのです 



これぞ、有機栽培米である証 です 



それでは、  最後のクイズ   です。 



 秋の訪れを告げる虫 トンボ は、どこに  いるでしょうか?




見つけたあなたは、きっと新米穀年度はいいことがあります 


上部へ