商品ニュース&キャンペーン

お米 平成29年の秋が楽しみ! 今日の『幕別米』!! 第4号

戻る

2017.07.15

 平成29年5月28日(日)に食創として初めて実施させていただいた「生産者交流イベント「田植え体験ツアー IN 幕別町」から、約1ヶ月半が経過致しました

 北海道内は、ここ数日「涼しい北海道」のイメージとは真逆の「酷暑   」が続き、昨日7月14日(金)も最高気温36℃ 本日15日(土)も予想最高気温が36℃ と、7月中旬とは思えないような天候が続いております

 このような最高気温が30℃以上の真夏日  となっているのは10日連続で、北海道としては20年振りになるそうです。

 そんな強い太陽  の日差しを受けて、田んぼがどのようになっているのか、見に行ってみました。



 一面、鮮やかな緑色です 

 ちょっと、田植え前を思い出してみましょう 



 当然ですが、田んぼには、緑は一切ありませんでした。

 皆さん覚えていらっしゃいますか?

 田植ツアーに参加いただいた参加者の皆さんで、田んぼに足を踏み入れ、



 作業を進めて、それから、3週間が経つと、



 こんな感じだったのが、今年の6月19日頃でした。

 それが、いまや 、一面が「
緑色のじゅうたん」となっております。




 自然の力、作物の力強さを感じます 

 さらに今の稲に近づいてみると、その力強さ  をさらに感じることが出来ました。



すくすくと順調に伸びておりました。
 
 長さにして、30㎝以上は 間違いなくあります。

 北海道内は6月中旬から下旬にかけて、今では考えられないような低温となり、若干の生育遅れや、分茎が進まないというお話が良く聞こえてきましたが、皆さんが愛情いっぱいに一生懸命植えて頂いた「幕別町産米の稲」は、しっかりと分茎をし、順調に育っておりました。
 

 しっかりと、
十勝の大地から栄養分を吸い上げようと、太い茎が力強く  根付いているように見えます  



 あれ 

 何か、稲に止まっていませんか ?

 もしかして・・・・・



 とんぼ  です。

 秋  を告げる昆虫というイメージですが、あまりの最近の暑さに夏が終わると思って、もう出てきたのでしょうか ?


 「とんぼさ~ん  暑いですが、まだ7月中旬ですよ 


 生育は順調に見えますが、生産者「内野康晴」さんにもお話を伺ってみました。

 「この連日続く35℃近い温度は、水管理が出来るお米にとっては全く問題なく、むしろ好条件です。順調に生育していると思っていただいて大丈夫です。
 これから、出穂(しゅっすい)時期となり、いよいよ7月下旬から8月初旬にかけて、お米の花が咲く時期になります。

 その時に、天候に恵まれて、温度もしっかり上がれば、きっと美味しい新米が期待できると思いますよ。」

 と、おっしゃっていただきました。

 このまま順調に生育が進めば、新米は10月に入ってからのお目見えになりそうです
 
 現在、(株)食創では、秋の稲刈り体験ツアーはもちろん、商品化へ向けて色々と検討、準備を進めております。
 販売させていただくお店等については、随時お知らせできるように致しますので、もう少々お待ちください。


 美味しい新米を皆さんで、楽しみに待ちましょう 

上部へ