商品ニュース&キャンペーン

お米 『 幕別町産ななつぼしで造った甘酒 』を新発売致しました! ~ 今日の幕別米 14号! ~

戻る

2018.02.28

 昨年5月28日(日)に「田植え体験ツアー」、昨年10月9日(月)に「稲刈り体験ツアー」を実施させていただきました。



 年末には「幕別町産米の稲わらを使ったしめ縄」をツアーにご参加いただいたご家庭にお届けさせていただきました。
 そして、今年に入り、今月2月6日(火)に「29年産幕別町産ななつぼし2㎏」の販売を開始させていただきました。



 地元の十勝毎日新聞社様にも取材をいただき、お客様からたくさんのお問い合わせを頂戴致しました。

 当社として初めての取組にも関わらず、多くの方々にご関心をいただき、また応援を賜りましたことに、改めまして、心より御礼申し上げます。
 本当にありがとうございました。


 昨年収穫させていただいたお米は、十勝管内の飲食店様でもご使用を継続いただいておりますので、今後何かの機会にご紹介をさせて頂ければと思っております。

 そんな当社から本日、「29年産幕別町産ななつぼし」を使った新たな商品の発売を開始させていただきました。

 昨年収穫された「29年産幕別町産ななつぼし10割」と、その「米麹」のみで造った「甘酒(あまざけ)」です。

 

 酒粕を使っていないことから、アルコールは「0(ゼロ)」ですので、お酒が苦手な方でも、安心して召し上がっていただけます 

 また、砂糖を一切使っていないことから、お米本来の自然の甘みを堪能いただける商品となっております。

 
 最近の「甘酒ブーム」から、ご存知の方も多いかと思いますが、甘酒は「飲む点滴」「飲む美容液」とも言われます

 それは、

① 消化吸収を助けるので、胃腸に優しい!


 甘酒に含まれるブドウ糖は、麹菌によって既に分解済となっているため、
 効率よく体内にエネルギー源を吸収できます。
 その他にも、アミノ酸、ビタミンB群、ミネラルなどが豊富に含まれてい
 るのですが、なんとこの成分は点滴と同じなんです
 麹菌には一緒に摂った栄養の消化吸収を助けてくれる働きもあるので、胃
 腸にも優しいと言われています。


② 腸内環境を整え、便秘の予防、解消に!


 
甘酒には、食物繊維やオリゴ糖も豊富に含まれています。
 これらの成分は、腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整えてくれる働き
 がある
ので、便秘の予防・解消にも一役買ってくれるのです。
 麹菌は、死骸となっても腸内にいる善玉菌の餌となり、免疫活動を活性化
 させて、免疫力を高める効果もあると言われています。

③ 血行と代謝を促し、美肌効果も期待できます!


 
特に女性には嬉しい、美容効果ビタミンB群も豊富に含まれている甘酒
 は、血行と代謝をアップさせ、毛細血管の隅々にまで身体が求める栄養素
 を届け、老廃物を流してくれます

 麹菌は、飲酒・喫煙・ストレスなどで欠乏しやすい、皮膚の状態を整える
 働きのあるビオチンを含んでいる
ので、目の下のくま、肌荒れ、しみやく
 すみにも効果的と言われています。

④ ダイエットの強い味方 !


 
ブドウ糖には、消化補助の他にも血糖値を上昇させる効果があり、少量で
 も空腹感を抑えてくれるので、上手に使えばダイエットの心強いパートナ
 ーにもなってくれます。
 また、イライラを抑えるGABAといったアミノ酸由来の物質も含んでいる
 ので、食べ過ぎを防止する効果も期待できると言われます。
 ダイエット中、どうしても甘いものが食べたい、おなかが空きすぎてイラ
 イラしそう、と発狂しそうになった時などには、ダイエットのサポート飲
 料として甘酒を飲んでみてはいかがでしょうか?


 そんな嬉しいことばかり期待できる当社の「幕別産ななつぼしで造った甘酒」は、




 北海道の洞爺湖温泉街にある「岡田屋」様に製造をお願いさせていただきました。

 まだ2月ですので、当然、雪  が残っています 

 まずは、『 お米を研ぐ 』ところから始まりますが、




 この大きな釜で、35kg ものお米を一気に炊き上げます 

 炊き上がったお米は、米麹と水を合わせて甘酒に加工されますが、そこの過程は、企業秘密 

 やはり、こだわり があります 

 そこまで完成すると、『 瓶に入れていく 』のですが、



 今回製造をお願いした限定1,200本、全て手作業で注がれていきます。
 完全、手作りなのです  
   驚きと感謝の気持ちが沸いてきました 


 そして、出来上がったものから、約95℃の蒸気で一気に殺菌されます。



 そして、殺菌された瓶は、別の部屋へ運ばれて、



 しっかりと、栓をされ、密封状態にされていくのですが、
 良く見てみる  と・・・・・、ビックリ  でした 



 甘酒が、ブクブクと気泡を上げていました 

 お邪魔してみて、このような工程を経て、安心して飲めるように製造いただいているのだと、初めて知ることが出来ました 

 こうして出来た甘酒は、一気に冷却せず、自然に冷めるのを待ち、人の手で触れるような温度になってから、シール添付作業を行っていただいていました。
 

 そうして、ようやっと『 完成 』になります 



 最初から、最後まで全て手作業で行っていただいていました。

 お話を伺うと、1,200本製造いただくのに、2日間掛かるそうです。

 岡田屋の皆様、本当にありがとうございました。


 今年5月の「田植えツアー」から始まった当社と皆様との取組みが、お米だけではなく、甘酒まで商品化することが出来ました。

 これも、今回の当社の企画の趣旨に賛同いただいた皆様、またご協力いただいた企業の皆様、応援いただいた皆様のお蔭と、社員一同、改めまして心より感謝、御礼申し上げます。


 今年も、十勝を本社とさせていただいている企業として、地元幕別町産のお米を更に盛り上げていけるように、アイデアを出しながら、皆様に喜んでいただける商品造りを目指して参りますので、変わらぬご愛顧、ご支援を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

上部へ