商品ニュース&キャンペーン

お米 平成30年5月27日(日)「生産者交流イベント IN 幕別町」を実施させていただきました!

戻る

2018.05.29

 弊社と致しまして、昨年に引き続き、

『第2回 生産者交流イベント「田植え体験ツアー IN 幕別町」』を、5月27日(日)に実施させていただきます

 今回の第2回目は、十勝管内の11家族、36名の皆様にご参加をいただきました。
 (当日までに、2家族7名様が欠席となりました。)

 当初は、曇り  空の予報でしたが、皆さんの思いが通じ、暑過ぎず、寒すぎない好天に恵まれました  
 本当に、実施させていただく側からすると、何より  と、ホッと胸をなでおろしたところです。

 田んぼのある幕別町までは、参加者の皆様と一緒にバスで移動をさせていただきました。
 車内では、前回同様、お米クイズ  を実施 させていただきました 

 では、その一部をご紹介致します 

  、ご飯中心の和食が、日本人の体に良いとされるのは、なぜ?

  1、体重が増えるから 。
  2、材料が安いから 。
  3、必要な栄養をバランスよく取れるから 。



 今回も、お米博士がたくさんいらっしゃいました 
 
 正解は、3番 です 

 毎日の食事は、必要な栄養をバランスよく取れるご飯を中心にした和食が一番です。お肉や揚げ物ばかり食べるのではなく、昔ながらのおかずを取り入れて、バランスの良い食事をしましょう !

 と説明をさせていただき、「まごわやさしい」食材として、覚えましょう!と、お伝えしました。

 「マ:豆類や味噌などの豆を使った食品」「ゴ:ごま」「ワ:ワカメなどの海藻類」「ヤ:野菜類」「サ:魚類」「シ:しいたけなどのキノコ類」「イ:いも類」のことです。

 バス  の中では、「ごぼう」、「ゴーヤ」、「ワンワン」、「ヤキイモ」、「サバ」、「サメ」、「シマウマ」、「シマメグリ」、「インコ」など、色々な明るい声が聞こえ、笑い  が絶えることなく、時間が過ぎていきました  

 参加いただいた皆様のご協力に心から感謝、御礼申し上げます。

 ですので、あっという間に、現地到着  です 



 
ご覧の通りの、青空  が広がっております 

 気温も、22℃  風もなく、穏やかな、まさに「田植え日和」 
 早速、記念撮影されている子供もいます 

 まず、現地では、生産者である内野さんから注意事項  の説明をいただき、楽しんで、良い思い出にしていただけるようお話をいただきました  。



 いよいよ、田んぼへ移動していきます 
 今日27日(日)の十勝晴れは、本当に気持ちが良かったです  
 最高   でした 



 いよいよ、田植開始へ向けて、子供たちも靴と靴下を脱いで、いざ出陣です  
 田んぼへは、素足  で入っていただきました 
 
 初めて、田んぼを見る  子供たちがたくさんいらっしゃいました 



 内野さんが、この日に合わせて育てて頂いた「ななつぼしの苗」も、準備  です 



 苗は、ポット式の苗で、それを田んぼの中でも作業がしやすいように、専用のバケツの準備をいただきました 



 田植え、初体験です 



 田んぼは、昨日内野さんが天気も良かったことから、今日のイベント用に一部を残して、田植機で既に植えられている状態でした。
 
 それを参考にすれば  と、皆さん意気揚々と田んぼへ 

 今年は更に、ジャジャーン 



 これを少しずつ進行方向へ転がしていくことで、植える目印を付けることができ、作業がしやすい  というものまで、用意をいただきました 

 内野さん、ご配慮をいただき、本当にありがとうございました 
 社員一同、心より感謝申し上げます 



 内野さんの指導をしっかり聞いて  いただき、





 初めての、田植え体験、スタート    





 皆さん、慣れた手つきで、ドンドン進んでいきます 
 本当に、初めてなのかな~  と思えるほど、順調  でした 







 あらら、尻モチ    これも、田植え体験の醍醐味です 





 予定を上回るペースです    本当に早かった  です 









 しっかり、植えていないところが無いかも確認をいただいて、苗を無駄にすることなく、田んぼを無駄にすることなく、植えていただきました 



 進むにつれて、幕別町に降り注ぐ十勝晴れの暖かい日差しの下で、お米博士達は、プロ顔負けのように、真剣にドンドン進んでいきます 





 皆さん、手つきが本物ですネ 







 苗は死守しましたね  でも、お尻が・・・・ 







 ん~  皆さん、真剣な表情 







 皆さんが、逞しく見えてきました 



 皆さんで、協力しながら、端までもう少しです 

 疲れも出来てきていると思いますが、それ以上に笑顔がドンドン増えているようになってきました  





























 そして、2時間掛からずに、田植は終了  いたしました 

   本当に皆さん、お疲れ様でした 



 田んぼの端から端まで、キレイに田植えを行いました 



 皆さんが腰を曲げながら、素足で田んぼに入って行っていただたいた田んぼです 

 大きな足跡  から、小さな足跡  まで、たくさんの足跡が見つけることが出来ます 




 手前の田んぼの田植は、本日で終了となり、明日以降、天候と他の農作業の都合を見ながら、奥の2枚目の田んぼにも、「ななつぼし」が植えられていきます 





 田植終了後は、全員田んぼに注がれるのと同じ水で、足をキレイに洗って、バスで戻りました。

 帰りに中は、行きで大好評だったお米クイズをしながら、今後のお米の成長について説明をさせていただきました。

 また、昨年の秋収穫された「幕別町産ななつぼし100%」のおにぎりを、弊社関連会社「道東ライス株式会社」で製造し、全員にお振舞しましたが、2個入りを50パック用意したのですが、完食  いただきました。

   田植えの後の、おにぎりは美味い 

 秋には、昨年も実施させていただきました「生産者交流イベント 稲刈り体験ツアー IN 幕別町」を開催させていただく予定です。
 
 日時については、改めて、今回ご参加いただいた皆様を優先にご案内をさせて頂きます。
 (昨年は、10月9日(月)に実施させていただいておりました)


 
 十勝管内では数少ない「うるち米」の生産地である幕別町。
その水稲農業を応援したいという弊社の思いに賛同をいただき、誠にありがとうございました。


 ご参加いただいた皆様に取りまして、ご家族での良い思い出となり、また、お米に対してより興味を持っていただける機会となっていただければ、幸いと存じます。

 弊社と致しまして、今後も、幕別米を応援して参りますので、変わらぬご愛顧、ご支援を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 社員一同、心より感謝、御礼申し上げます。

上部へ