商品ニュース&キャンペーン

お米 令和元年産が楽しみ  ~ 今日の幕別米№8 ~

戻る

2019.08.14

 昨日、8月13日(火)は、1年の中で、最も帯広市内がにぎわう日 でした 

 そうです  「第69回 勝毎花火大会」が開催されました 

 今年は、十勝毎日新聞社様の創刊100年記念大会 ということもあり、より一層の盛り上がりでした 

 来年は、勝毎花火大会が「第70回目」という、また記念の花火大会となるため、より一層十勝が盛り上がること!間違いなしです  

 要チェック  です 。

 我々が、もう一つ ! 要チェック したいのが、「幕別の田んぼ」です 



 昨日の午前中は、十勝らしい「十勝晴れ 」の下で、気温30℃ という過ごしやすい 気候の中にいた「幕別米」たちも、今日は気温が20℃ と、その気温差に少し驚いている ような印象を受けます。

 が、逞(たくま)しく、順調にすくすくと育っています 



 この写真で、お気づきになる方は、お米のプロです 博士です 

 要チェック です

 
反対側からも、撮影 してみました 。


 
 少し分かり易くなったでしょうか 

 そうです  ついに  




  幕別の田んぼに、稲穂誕生 です 



 先月末からの出穂期を経て、ついに十勝では貴重な稲穂の景色になっていました 

 北海道内のお米の生育は昨年とは違い、平年よりも2日程度早い生育状況と発表になり、一部の報道では、今年の北海道内作況予想は「102」と、豊作予想まで出ております 



 幕別の田んぼも、それに漏れず、順調  と思い、内野さんのお父さんに話を聞いてみました 



 今は、葉物野菜の収穫中で、ちょうどキャベツの収穫中でした。
 それが終われば、玉ねぎの収穫だそうです  
 生産者の方たちは、この時期、本当にお休みが無いようです

 
そうした生産者の方たちの努力のおかげで、私たちの食卓が出来てるのですから、感謝しかなく、頭が下がります 


 「ちょっと、例年より生育は遅いなぁ ~ 

 「出穂期には気温も上がって良かったのですが、他の農作物と同様に、やはり、6月~7月上旬の低温の影響出ている。」

 とのことでした。



 「本来であれば、この時期は、もう少し稲穂が垂れていて欲しい時期です。でも、今年は真っ直ぐ空に向かって立った状態なので、ちょっと遅れている と言わざるを得ません。」



 「でも、これからの天気 次第です。これから、稲刈りまでには積算温度で750℃は必要になります。太陽 のご機嫌次第だよねぁ~

 積算温度とは、その日の最高気温の足し算になります 

 北海道はお盆が過ぎると、一気に涼しくなる  と言われます。



 これからは、十勝の気温を、要チェック です 



 このままのペースで行くと、今年の「生産者交流イベント 稲刈り体験ツアー IN 幕別町」の開催は、昨年(昨年は、10月7日)よりも遅れることが予想されますが、皆さんで十勝晴れが続くことを祈って、収穫の秋 を感謝の気持ちを持ちながら、楽しみに待ちましょう 



上部へ