商品ニュース&キャンペーン

お米 令和2年産が楽しみ  ~ 今日の幕別米№4 ~

戻る

2020.07.30

     大変ご無沙汰をして、申し訳ございません。
 約2か月更新が滞っておりました。

 緊急事態宣言が解除となり、経済活動も少しずつ取戻しているようなお話も聞こえてきておりますが、新型コロナウイルスが落ち着くような印象はなく、当社としても、拡大防止策を意識しながら、日々業務に努めさせていただいております。

 皆様におかれましても、今できることをやるしかないと思いますので、健康管理には十分ご留意いただければと思います 


 5月30日(土)に田植えを終えてから、本当に2か月が経ちました 



 幕別の田んぼの稲は、すくすくと成長 し、一面をきれいな緑色 へと変えていました 

 毎年のことならが、十勝では本当に貴重な景色 だと思います 




 近づいて見ると、その成長具合が、より一層分かります 

 
実りの秋  へ向けて、十勝の大地、豊かな水、そして今年は少ないですが、十勝の日差しを浴びて、成長を続けています 



 最近のニュースでよく、日照時間 が少なく、平年の4割程度 とも聞かれます。

 その影響か、別の田んぼでも、茎数が平年よりも少ない(スマート)な印象があります 




 この茎数が少ないと、稲穂の数も少なくなることから、最終的な収量に影響を及ぼします 

 
7月15日に北海道として全道の稲作生育状況は、平年よりも1日早いペースで生育していると発表されております 

 しかし、6月後半からの日照不足の影響で、水温が上がらず、分茎が進まなかったとして、平年よりやや少ない と下方修正 されております 




 この日照不足 により、野菜が高騰  しているお話までも聞こえてきますので、飲食店様ではこのコロナ禍での原価高騰は本当に深刻な問題と思います。
 なので、早く夏らしい夏 に戻り、日差しが戻ってくることを、切に願うばかりです


 それを待ちきれずに、幕別の田んぼでは一部出穂しておりました ~  



 稲穂  という感じになってきております。
  
 この短い夏に、しっかりと日差し を浴びて、すくすくと育ってくれること、そしてこの十勝では貴重な景色が末永く続くことを願うばかりです 

 弊社と致しましても、微力ながらも、全力で応援をさせていただきます 


上部へ